title
date
2017年は Sgt. Peppers リリース50周年、ジョンとポールが出会った年からちょうど60年、そしてリンゴが77歳の誕生日を迎えます。めでたい!ということで今年も7/5〜 7/17までの2週間、「Tokyo Beatles Week 2017」を開催いたします。ビートルズといえばこの人!といった豪華なゲストが目白押し。珍しい音源や貴重かつユニークな研究成果など今年も盛りだくさ んでお届けします。情報は随時このページとfacebook ページビートルズ追憶の日々で アップデートしていきます。乞うご期待!

参加お申込みは 
いずれかの方法で→

beayakata212@gmail.com 宛に希望のイベント・参加人数をメール
●facebookページ「ビートルズ追憶の日々」各イベントで「参加予定」をクリック
●f
acebookページ「ビートルズ追憶の日々」宛にメッセージをお送りください。

ebisu
abg
※12: 00〜20:00 (写真展初日は14:00から、最終日は17:00まで。イベント開催日は平日18:00/土日17:00まで。)※会期中無休
※イベント開催時間中、ギャラリー内の展示作品を鑑賞でない場合がございます。ご了承ください。
※イベントの内容、ゲスト、開演時間などは予告なく変更する場合があります。
※ギャラリー内にトイレはありませんのでご注意ください。若干のドリンク(有料)はご用意しております。

gallery
1957年7月6日、イングランドの港町リバプールの教会で音楽好きの二人の若者が出会った。 彼らはのちにビートルズを結成し、瞬く間に世界の音楽を変えた。写真家 福岡耕造は世界中のビートルズゆかりの地を30年以上にわたり撮影し続け、訪れた数は世界のトップ・クラスであり、展示、著作も多い。今回はビートルズが 生まれ育ったリバプールを中心に、巡業に赴いたハンブルグ、世界制覇の拠点となったロンドンなど約45点(未発表含む)を展示販売する。

■場所 :恵比寿America-Bashi Gallery
■日程 :7月5日(水)〜7月10日(月)/入場無料・会期中無休
■ギャラリーオープン(鑑賞)時間
※イベントにより写真展鑑賞時間が変わります。以下をご参照ください。
7月5日:14:00〜20:00(18:30〜レセプショパーティー)
7月6日:11:00〜18:30(18:30〜イベント)
7日7日:11:00〜18:30(18:30〜イベント)
7月8日:11:00〜16:00(16:00〜イベント)
7月9日:11:00〜17:00(17:00〜イベント)
7月10日: 11:00〜17:00(最終日)


vol00
vol01 vol02
今年最初のTBWプレ・イベントは「SGT50周年リミックス」 を聴き倒します。進行は紙ジャケ探検隊でおなじみ真保安一郎、そして全曲解説 はご存知ビートルズ愛好家、藤本国彦。後半には、紐コレクター・目黒研 の蔵出しもお目見え!超ハイクオリティなオーディオ環境の中、至福の時をお楽しみください!

場所 :銀座SOUND CREATE Lounge
日付 :5月28日(日)
第1部:15:00〜 藤本 国彦×真保 安一郎
第2部:17:00〜 目黒 研の蔵出しSGT
参加費:2,000円(コーヒー付)


日 本で「Sgt. Pepper's」アルバムが発売されたこの日、今年もTBW2017がスタート。記念すべきオープニングイベントはこの方、「美衣登留寿司」改め「ペッ パー寿司」の中川弘之店長に今年も握っていただきます。福岡隊長の「サージェント・アルバム全曲握り」の無茶ぶりに果たして…?
ギタリスト芸人・来住野潔(キスノキヨシ)さんも急遽参戦決定!

場所 :恵比寿America-Bashi Gallery
日付 :7月5日(水)
時間 :18:30〜20:30
参加費:2,000円(ある程度ドリンク付)
 
ジョンとポールが出会っ てから60年目を迎える記念すべきこの日。クオリーメン・オリジナルアルバム(2004年)をプロデュースするなど、オフィスオーガスタ設立者にして日本 屈指のビートルズマニアとしても知られる森川欣信さんが満を持しての初登場!リバプールでのレコーデイング秘話やメンバーとの交流など、ビートルズ愛あふ れたお話を熱く語っていただきます!

場所 :恵比寿America-Bashi Gallery
日付 :7月6日(木)
時間 :18:30〜20:30
参加費:1,500円(1ドリンク付)
キャパ:25〜28人

vol03 vol04 vol05
なんとあの「ラディック」持ち込みます!ブツはリンゴも愛用していた65年ヴィンテージモデル!細かいパーツも全部ホンモノ!! それを惜しげもなく叩いちゃう、こんな贅沢は二度とない!? 見逃すと一生後悔します(笑)
リンゴのドラミングを解説してくれるのはこの三人。かのサー・ジョージマーティンもうならせた「ザ・ビートルース」のパウロ鈴木氏、その盟友でありドラマーのラディック古野氏。そして「ビートルズ10」でおなじみカンケ氏。
 
場所 :恵比寿America-Bashi Gallery
日時 :7月7日(金)18:30〜20:30
参加費:1,500円(1ドリンク付

キャパ:25〜28人

現役プログラマにしてビートルズ音源解析の第一人者であり「ザ・ビートルズ全曲バイブル」でもおなじみ、米村幸雄さん初登場!初期〜サージェントの最新リ ミックス音源まで、実際の音を聞きながらその解析テクニックをじっくり解説していただきます。目からウロコならぬ、耳からウロコのサウンド体験をお楽しみください!

場所 :恵比寿America-Bashi Gallery
日付 :7月8日(土)
時 間 :16:00〜20:00(途中休憩)
参加費:2,000円(1ドリンク付)
キャパ:25〜28人

★Vol.4 米村幸雄さん追加公演決定!!
「50周年リミックス音源徹底解析」
申込多数につき急遽設定しました!
SGT50周年リマスター音源中心に公演予定!
ご参加お待ちしております。
 
場所 :神保町楽器カフェ
    http://gakki-cafe.com/
日時 :7月9日(日)13:00〜15:00
参加費:1,500円
「ビートルズと日本〜熱狂の記録」に続き「ブラウン管の記録」も大好評!日本のビートルズ史研究家、大村亨さん再び登場!著作には未収録の素材に加えて更に綿密な追加リサーチも敢行。書籍では公開不可能なその成果を「通年編」「来日編」の二本立てで発表いただきます。
TBW限定!ディープな大村ワールドをご堪能ください!

場所 :恵比寿America-Bashi Gallery
日付 :7月9日(日)
時間 :17:00〜20:00(途中休憩)
参加費:2,000円(1ドリンク付)
キャパ:25〜28人



ebisu
abg
7 月11日(火)からは、場所を松見坂に移してさらに1週間!「CHOP+ARCHI」ではミュージック&アート中心のイベントが続々。今年から「僕の音盤 青春記」でおなじみの牧野 良幸さんも参戦!毎年恒例の紐 VS 皿コーナーも計画中。最終日はコメディアンでミュージシャンの来住野さんアコギライブでフィナーレ。毎日21時以降のBARタイムもぜひお楽しみください。

vol06
vol01 vol08
50 周年記念エディションの目玉といえば、なんといってもディスク2枚分におよぶアウトテイクの数々。そこから読み取れる制作過程や音作りの秘密・魅力を、レ コーディング・プロデューサー川原伸司さんに百戦錬磨のプロ目線で語っていただきます。どういう編成で、どういう意図でこのテイクが生まれたのか、現場の 4人を想像しながら川原さんと一緒にセッションの様子をたどっていきましょう!

場所 ;松見坂CHOP+ARCHI
日付 :7月11日(火)
時間 :19:00〜21:00
参加費:1,500円(1ドリンク付)
キャパ:20〜25人弱


50周年収録の「5.1chBlu-ray」ディスク。持っているだけで、なかなか聴ける環境を用意できないのが 悲しいかな庶民の実情。。そんなあなたの望みをかなえるべく、TBWスタッフは松見坂会場に5.1chのリスニング環境をご用意しました(予定)!!
ペッパー軍曹は果たしてどんなめくるめくサウンドを聴かせてくれるのか?乞うご期待!
 
場所 :松見坂CHOP+ARCHI
日時 :7月13日(木)19:00〜22:00
参加費:2,000円(1ドリンク付)
キャパ:20人弱
版 画家・イラストレーターであり、「僕の音盤青春記」など音楽エッセイでもおなじみ、牧野良幸さん初参戦!本には書ききれなかったビートルズにまつわるエピ ソードや音楽体験あるある話を時間の許す限り語っていただきましょう!聞き手・藤本国彦さんとのリバプール旅行記や、アルバム全曲を細密銅版画として制作 した「牧野良幸のロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の制作秘話もお楽しみに!

場所 :松見坂CHOP+ARCHI
日付 :7月14日(金)
時間 :19:00〜21:00
参加費:1,500円(1ドリンク付)
キャパ:20〜25人弱


vol09 vol10 vol05
驚愕の新事実が次々と明らかにされたルイソン本。しかしぶっちゃけ、まだ読んでない方いっぱいいるのでは?そんなみなさんのために、我らがニッポンのビートルズの父、広田寛治さんが一肌脱ぎます!ルイソンってどんなひと?本に書いてないけど聞いちゃった話ってあるの?などなどいろいろ質問ぶつけちゃいましょう!怒濤の翻訳を一手に引き受けたレディースチームも勢揃い!もちろん読んでない人大歓迎です!

場所 ;松見坂CHOP+ARCHI
時間 :7月15日(土)15:00〜18:00
参加費:2,000円(1ドリンク付)
キャパ:20人〜25人弱


ビー トルズ・リサーチャー/ライターとして、ニッポンのマーク・ルイソン目指して日々研鑽を重ねる野咲良氏が、屈指の名曲「Strawberry Fields Forever」「A Day In The Life」の2曲に絞り込んでその制作過程をつまびらかに!従来の流通音源に加えて今回登場したアウトテイクやレコーディングシートも徹底検証。
で起こったビートルズ・マジックを解き明かす3時間、とくとご覧あれ!

場所 ;松見坂CHOP+ARCHI
日付 :7月16日(日)
時間 :16:00〜:19:00(途中休憩)
参加費:2,000円(1ドリンク付)
キャパ:20〜25人弱
TBW2017フィナーレは、祭りです!
イントロ当てクイズあり、藤本国彦監修・超難問?ビートルズクイズあり、ライブあり!さらにパーリー最後にはプロカメラマン福岡耕造による参加者全員 「サージェントペッパージャケ風記念写真」撮影会も開催。皆さん全員にもれなく写真プレゼント!ギタリスト芸人・来住野潔(キスノキヨシ)さんも再び登 場!Tokyo Beatles Week2017最終日を飾るパフォーマンス、ぞんぶんに満喫してください!
 
場所 :松見坂CHOP+ARCHI
日時 :7月17日(月・祝)18:00〜21:00
参加費:2,000円(ある程度ドリンク付)





2015/2016のTokyo Beatles Weekコンテンツはこちら


2016



写真家・ビートルズ研 究家でもある福岡耕造は30年にわたり世界中のビートルズゆかりの地に足を運び、かつてその場所に実在した彼らの姿をイメージし、撮り続けている。
来日50周年の今年、日本にまつわる写真を展示。初公開の写真も多数紹介予定。



「福 岡耕造写真展〜ニッポンとビートルズ」公開を 記念し、1966 年当時のビートルズ来日公演と重なる約2週間を「TOKYO BEATLES' WEEK 2016と題し、さまざまなビートルズイベントを開催。

TOKYO BEATLES' WEEK 2015はこちら


Vol.1「ビートルズを観た !」
藤本国彦(元CDジャーナル編集長)

場所 ;恵比寿America-Bashi Gallery
時間 :18:30〜20:00
参加費:1,000円

初日からアクセル全開!い きなりの真打ち登場!ニッポンを代表する音楽編集者、藤本国彦が渾身のビートルズ来日50周年記念本「ビートル ズを観た!」を制作。その取材・制作裏話をたっぷりとお届け。


Vol.2「来日公演サウンドを徹底検証。」
川原伸司(レコード・プロデューサー)

場所 ;恵比寿America-Bashi Gallery
時間 :18:30〜20:00
参加費:1,000円


昨 年は、ビートルズが愛用したスタジオ紹介、大滝詠一と手がけた「イエローサブマリン音頭」の制作秘話を披露。今回は実際に ビートルズ来日公演を観たご本人に、あの時の音源を聞きながら当時の音響環境や実際にはどう聞こえてたかを徹底検証!


Vol.3「五十年目に知るビートルズ日本公演」
広田寛治(ノンフィクション作家)

場所 ;恵比寿America-Bashi Gallery
時間 :18:30〜20:00
参加費:1,000円

日 本のビートルズ関連の出版物を支え、トップを走り続ける第一人者。そんな彼が「50年目に知るビートルズ日本公演」をテーマに初心者にもやさしく全体像を 描きつつ、マニア向けには新たな論点を整理。現代史研究家ならではの視点でビートルズ日本公演を紐解きます。


Vol.4「頭の中が、ビートルズ」
倉本美津留(放送作家)
藤本国彦(ビートルズ愛好家)

場所 ;恵比寿America-Bashi Gallery
時間 :16:00〜17:30
参加費:1,000円

頭 の中にビートルズを住まわせていた。子どもが大人になって放送作家になった。だからテレビの企画を考えるときも、笑いを考えるときも使ってきた のは「ビートル頭」だった。放送作家・倉本美津留、いったいどんな話が飛び出すのか、誰にもわかりません!


Vol.5「ビートルズと武道館〜熱狂の五日間」
大村亨(ビートルズ研究家)
野咲良(ビートルズ・リサーチャー)

場所 ;恵比寿America-Bashi Gallery
時間 :17:00〜20:00
参加費:1,500円


ビー トルズリサーチに関しては最強の二人が登場!「ビートルズと日本」の歩みを一冊にまとめた画期的な著書「ビートルズと日本〜熱狂の記録 」の大村亨と、ビートルズ・リサーチャー/ライターの野咲良がタッグを組み、ビートルズ滞在中の出来事を、記録映像や新聞記事などを駆使しながら徹底検 証。



Vol.6 「ビートルズを呼んだ男。」
野地秩嘉(ノンフィクション作家)

場所 ;恵比寿America-Bashi Gallery
時間 :18:30〜20:00
参加費:1,000円

ビー トルズ来日を実現させた永島達司氏の人生を描いた「ビートルズを呼んだ男〜伝説の呼び屋・永島達司の生涯」の著者・野地秩嘉氏が初参加!本人によ るポールマッカートニーへのインタビューやビートルズ来日秘話、警備を担当する警察のやりとりなど興味深いお話が満載。


Vol.7 「美衣登留寿司がやって来る!スー・シー・ヤー!2」
中川弘之(ビートル寿司研究家)
オモ・ヨーコ(ウクレレユニット)

場所 ;恵比寿America-Bashi Gallery
時間 :18:00〜21:00
参加費:1,500円

来日50周年の 前夜祭はやっぱりこれでしょう!東京御徒町から新ネタをひっさげてやって来る!はたして日本公演の曲ネタは出るのか?限定 40人、売り切れ御免!開演30分で終わっちゃうかも?ご来店お待ちしております。素敵なウクレレユニット「オモ・ヨーコ」も出演予定!

Vol.8「レコDAY」
横野正憲(レコードコレクター)

場所 ;恵比寿America-Bashi Gallery
時間 :17:00〜20:00
参加費:1,500円

今 年も試聴大会開催!レコードとヒモ(リール)を2日に分けて実施。7/2はレコードDAY。来日前後にリリースされたレコードを中心に、 1966年当時どんな音を聞いていたのか、日本・UK盤聞き比べを中心にたっぷりとお届けします。


Vol.9 「ヒモ(REEL)DAY」
島乙平(メモラビリアコレクター)
目黒研(リールコレクター)

場所 ;恵比寿America-Bashi Gallery
時間 :17:00〜20:00
参加費:1,500円


TBW2016 のトリはやはりこのお二人。日本有数のメモラビリアコレクター・島乙平および紐コレクターの目黒研両名による日本のビートルズオー プンリール事情から国内盤・UK・US盤の大試聴大会など、ふだんなかなか聞くことのできない紐の素晴らしい世界を紹介。

※上記内容のJPG画像、PDFファイルはこちらよりダウンロードください。JPEGファイルPDFファイル


2015





写真家・ビートルズ研究家でもある福岡耕造は30 年にわたり世界中のビートルズゆかりの地に足を運び、かつてその場所に実在した彼らの姿をイメージし、撮り続けている。今回その中でも人気の高い写真を展 示・販売すると同時に、彼が撮影したビートルズ関連人物のポート・レートも初公開。




「〜ビートルズ追憶の日 々〜ビートルズが いないビートルズの写真展」公開を記念し、ポール・マッカートニー来日公演と重なる約2週間を「TOKYO BEATLES' WEEK」と題し、ビートルズイベントを開催。


Vol.1「JLM の真実 !」
水澤順一
(元ジョン・レノン・ミュージアム館長)
場所:恵比寿 America-Bashi Gallery
時間:4月24日(金)18:30〜20:30
参加費:500円

2010年に閉館したジョ ン・レノン・ミュージアム元館長、水澤順一が、JLMオフィシャルフォトグラファーであった福岡耕造と当時の館内の画像を見ながら今語るJLM の真実!JLM設立の経緯、次第にジョンやリバプールに魅せられていく当時の心境も語ります。


Vol.2「時をこえ、今ビートルズを語る」
星加ルミ子(元ミュージック・ライフ編集長)
時間:4月26日(日)19:30~21:30
場所:代官山蔦屋書店3号館 2階 音楽フロア
参加費:1000円
※チケット販売は終了

半世紀前、ある日本人女性 記者がロンドンのアビーロードスタジオでレコーデイング中の4人に出会いました。それ以来、数々のご活躍で今や生きる伝説となった元ミュージッ ク・ライフ編集長、星加ルミ子さんにビートルズを大いに語っていただきます!


Vol.3「ビートルズ(ジョージ)愛!」
本秀康(イラストレーター/漫画家)
時間:4月29日(水・祝)18:30〜20:30
場所:恵比寿 America-Bashi Gallery
参加費:500円

「レコスケ」でおなじみイ ラストレーターの本秀康氏が「ビートルズ追憶の日々」スペシャルイベントに参戦!ビートルズ、ジョージ、そしてイン ドの話を福岡耕造のリシケシ初公開画像を交えて、シタールのBGMとお香の香りにつつまれる中たっぷりと語ります。


Vol.4「REEL TO REEL VS. VINYL」
目黒 研(リールコレクター)
横野正憲(レコードコレクター)

時間:4月30日(木)18:30〜20:30
場所:恵比寿 America-Bashi Gallery
参加費:500円

近年再ブームとなっている オープンリール。そして汲めども尽きないレコードの世界。そんなビートルズの迷宮に迷い込んだ二人のコレク ターによる極上音源の聞き比べ、別名「紐」対「皿」対決。時間の許す限りオリジナル&レアな音源をかけ倒します!

●当日予定機材:アンプ:マラ ンツ/プレーヤー:ビクター QL-Y7/カートリッジ:デノン DL-102.103/スピーカ:ROGERS/オープンリールデッキ:テクニクス RS-1500U


Vol.5「ビートルズサウンドに迫る!」
川原伸司(レコード・プロデューサー/作曲家)

時間:5月1日(金)18:30~20:30
場所:恵比寿 America-Bashi Gallery
参加費:500円


井上陽水、大滝詠一など多 くのアーティストを手がけ、作曲家としても『瑠璃色の地球』、『少年時代』など数 多くのヒット作を提供。音楽制作のプロとしてビートルズサウンドの魅力を語っていただきます。そして大滝詠一と手がけた「イエ ローサブマリン音頭」の制作秘話も!



Vol.6「ビートルズ本を作り続ける男たち」
広田寛治(ノンフィクション作家)
藤本国彦(ビートルズ愛好家)

時間:5月2日(土)15:00~17:00 (14:30開場)
場所:下北沢 本屋B&B
参加費:1500円+ 1 drink(500円)※チケット販売は終了


世界でも有数のクオリ ティを誇る日本のビートルズ関連出版物を支え、トップを走り続ける広田寛治と藤本国彦。そんなお二人に、ビートルズゆかりの地を撮 り続け、自らも写真集を発表する福岡耕造が「なぜビートルズ本を出し続けるのか?」を問いかけるトークセッション。



Vol.7「リアル版 ザ・ビートルズ全史」
島 乙平(ビートルズメモラビリアコレクター)

時間:5月2日(土)18:30〜20:30
場所:恵比寿 America-Bashi Gallery
参加費:500円

発売以来ロングセラーの 「ビジュアル版 ザ・ビートルズ全史」。そこに記載されている多くの貴重な資料の中からプログラムやチケットなど逸品をお持ちいただき蒐集にまつわる裏話、 ネットオークション以前の購入苦労話をたっぷりと語ります。さらに超レアレコードも登場!



Vol.8「While Solo Guitar Beatly Weeps!」
土門秀明(ギタリスト)
益田 洋(ギタリスト)
時間:5月3日(日・祝)18:30〜20:30
場所:恵比寿 America-Bashi Gallery
参加費:1000円

この日は音楽ライブ!国内 外で活躍する日本人ソロギタリスト10人によるビートルズカバーアルバム「While Solo Guitar Beatly Weeps」に参加した土門秀明、益田洋、二人のアコギライブがギャラリーで実現。連休の夕暮れ、ビートリーな空間で心地よ いギターが奏でられます。



Vol.9「ビートルズへの旅」
リリー・フランキー(イラストレーター/文筆家/俳優)

時間:5月4日(月・祝)20:30~22:30
場所:代官山蔦屋書店3号館 2階 音楽フロア
参加費:1000円
※チケット販売は終了
ビートルズをこよなく愛す る、リリー、福岡両名が旅したロンドン、リバプール、ニューヨーク、そしてアビーロードスタジオでのレコーデイング。今なお人々を熱狂させる4人が生んだ 奇蹟に魅せられた二人が最後を締めくくるトークライブで熱く語ります。



※上記内容のJPG画像、PDFファイルはこちらよりダウンロードください。JPEG ファイルPDFファイル

詳細情報・イベント参加ご希望の方は、 facebookページ「ビートルズ追憶の日々」のメッセージから、もしくは下記メールアドレスまで、お名前、人数、 参加したいイベントタイトル(例:JLM の真実)をお知らせください。
Mail: beayakata212@gmail.com




America-Bashi Gallery
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南1-22-3
TEL.03-6303-1414
http://americabashigallery.com/
B&B
〒155-0031
東京都世田谷区北沢2-12-4
第2マツヤビル2F
TEL.03-6450-8272
http://bookandbeer.com/
蔦屋書店
〒150-0033
東京都渋谷区猿楽町17-5
http://tsite.jp/daikanyama/